“髯深”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひげぶか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“髯深”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
見るとそこに髯深ひげぶかい丸い顔が、近眼鏡を光らしてニコニコしている。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
トルストイは呆気あつけにとられたやうに、子供たちの顔を見廻してゐた。が、昨日の山鴫が無事に見つかつた事を知ると、忽ち彼の髯深ひげぶかい顔には、晴れ晴れした微笑が浮んで来た。
山鴫 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)