“鯡”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にしん90.5%
ニシ4.8%
ニシン4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
船員ちゅうにはるしく不満の色がみなぎっている。かれらの多くはの漁猟期に間に合うように帰国したいと、しきりに望んでいるのである。
ンヤデヤなア、ゲデセエ、ゴト日當りの屋根サ干すエネればがしグテ、晝間まで掻廻して、それガラ田畔サあがテせ、
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
鶴三「おれが棒鱈なら、お前はだ、どら風呂へでも行って来るかな」
四つの都 (新字新仮名) / 織田作之助(著)