“心算”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つもり96.3%
しんさん3.0%
こころ0.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すぐにも名乗って出る心算つもりでしたが、親分と一緒に川越屋へ行って、お染の無事な顔を見た時、すっかり考えが変ってしまいました。
人を莫迦ばかにするのも、好い加減におし。お前は私を何だと思つてゐるのだえ。私はまだお前にだまされる程、耄碌まうろくはしてゐない心算つもりだよ。
アグニの神 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
ただ表面うわべに現われて居る傾向だけをもって、あるいはツァンニー・ケンボその人の心算しんさん計画がうまく図に当って居るところだけに眼を着けて内部の事情をおろそかにすると
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
「ちと心算しんさんもござりますゆえ、なにごとも拙者せっしゃの胸におまかせをねがいます。ではわが君、民部どの、きょうから四日のちに、三百人の軍兵ぐんぴょうとともにお目にかかるでござりましょう」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)