“練道”の読み方と例文
読み方割合
レンダウ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
祭りや法会の日に、神人・童子或は官奴の神仏群行に模した仮装行列、即前わたり・練道などの扮装が、次第に激しく誇張せられて来た。
恐らく練道供養のれんどおが、れんど>れんぞとなつたものであらう。練道と言ふ語は、行道など言ふ語があるから、言はないとは思はれぬ。
方言 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
群行即道行きの練り物であり、又「門入り」を主とするものであつた事は訣る。即、練道の途次、立ち寄つて、芸能の一部を演じて行く家々があつた。