唱導文学しょうどうぶんがく――序説として――――じょせつとして――
唱導文学といふ語は、単なる「唱導」の「文学」と言ふ事でなく、多少熟語としての偏傾を持つて居るのである。事実において、唱導文学は、説経文学を意味しなければならぬのであるが、わが国民族文学の上には、特に説経と称するものがあり、又其が唱導文学の最 …
作品に特徴的な語句
トモガラ ミヅカ アタヘ コロ 何故ナゼ ツリ 扮装ヤツ アヤツ タヽヘ みづか マヰ 明星アカボシ 女子ヲミナゴ 誓約カネゴト 所作フルマヒ ビツ シカ 従者コンドモ ハタ テウ モト 賓客マレビト くに ナラ 日置ヒオキノ もつとも 神楽カムアソビ 転生テンジヤウ はじめ 呪師ジユシ 地主ヂシユ 大家オホヤケ 対句ツヰク 小子ワクゴ ミサキ ザエ 新人ニヒビト ギヨ 海部アマベ 神楽カミアソビ 私部キサイツベ カツラ 陪従ベイジユウ 尾籠ヲコ 屯食トンジキ 御門ミカド サイ 日前ヒノクマ アフゴ ほとんど 気比ケヒ 泉殿イヅミドノ 海部アマ 節会セチヱ 考妣チヽハヽ 誉田ホムダ 韓国カラクニ 額田ヌカタ 飼葉カヒバ 分岐エダモノ 山人ヤマビト 山賤ヤマガツ 山部ヤマベ 常世トコヨ 早歌ハヤウタ 檀那パトロン 櫛笥クシゲ ウタ 海士アマ 神遊カムアソビ 祭文サイモン 稀人マレビト 舎人トネリ 行器ホカヒ ナゾ 踏歌タウカ 頓才ヰツト 人長ニンヂヤウ 反閇ヘンバイ 口貰クチモラ 台盤ダイバン 奉為オンタメ 客神カウジン 宿老トネ しばしば 巾子コジ 幌身ホロミ 干草ヒクサ 平盤ヒラデ 採物トリモノ 本辞ホンジ 朱器シユキ 桂女カツラメ