“山部”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やまべ50.0%
ヤマベ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここに山部小楯針間の國のさされし時に、その國の人民名は志自牟が新室に到りてしき。ここにげて酒なるに、次第をもちてみな儛ひき。
ここに山部の連小楯が播磨の國の長官に任命されました時に、この國の人民のシジムの家の新築祝いに參りました。そこで盛んに遊んで、酒な時に順次に皆舞いました。
だから実際は、山部海部の種族と言ふでふ、元日本民族の分岐者であつたのが、多いのではないかと思ふ。
それあの山部の何とか言つた、地下の歌よみが、おれの三十になつたばかりの頃、「昔見しき堤は、年深み……年深み、池の渚に、水草生ひにけり」とよんだ位だが、其後が、これ此様
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)