“針間”の読み方と例文
読み方割合
はりま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
針間志自牟が家に住みし時に、が命名を顯はさざらませば一三、更に天の下知らさむ君とはならざらまし。これ既にが命のなり。
かれ玖須婆の河一一を逃れ渡りて、針間の國一二に至りまし、その國人名は志自牟が家一三に入りまして、身を隱して、馬甘牛甘はえたまひき一四
大吉備津日子の命と若建吉備津日子の命とは、二柱相はして、針間忌瓮ゑて、針間を道の口として、吉備の國言向したまひき。