“山部赤人”の読み方と例文
読み方割合
やまべのあかひと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この二人先輩手本にして、だん/\自分本領してたのが、べた山部赤人なのです。このでは、特別名高いものとして
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
中には柿本人麿とか山部赤人とか学問のあった人も無論いたでありましょうが、「読み人知らず」の歌の中には必ずや文字の読めぬ作者もいたに違いありません。
沖縄の思い出 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
何も柿本人麿山部赤人だけが大歌聖ではなく、読み人知らずの歌に、どんなに優れたものがあるでしょう。万葉を生み出した背後の雰囲気は、驚くべきものだと思います。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)