“漣山人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さざなみさんじん75.0%
さゞなみさんじん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「十一階が二葉亭だわ。それと、漣山人。十階に広津柳浪江見水蔭よ。五階目通過中に川上眉山人がいる。いい気味だわ。」
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
巌谷の伯父さんといったらドンナ山の中の児供でも知ってるが、漣山人では都会の中学生にも今では通用しない。
漣山人此頃入社したので、一六翁三男其人有りとは聞いてたが、顔を見た事も無かつたのであつた所、社員の山人る者が有つて
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
第三期に小説の筆をつた者は、美妙斎思案外史丸岡九華漣山人五人であつたが、右の大改良後眉山人新手つた、其迄川上折〻俳文などを寄稿するばかりで
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)