“考妣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちゝはゝ33.3%
ふぼ33.3%
チヽハヽ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
〔評〕木戸公毎旦考妣の木主を拜す。身煩劇に居ると雖、少しくもらず。三十年の間一日の如し。
堯典に曰く、二十有八放勲徂落せり、百姓考妣するが如くなりき、三年、四海八音遏密せりと。孔子曰く、天に二日無く民に二王無しと。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
つまり其等の信仰の原体は、「常世の稀人(賓客)」なる妖怪であつた。さうして、合理化しては、邑落の祖先なる考妣二体を中心とする多数の霊魂であるとした。