孔子こうし
自分には孔子について書くだけの研究も素養も準備もない。その自分を無理にしいてこの書を書くに至らしめたのは小林勇君である。が、書いてしまった以上は、この書の責任は自分が負うほかはない。自分は甘んじて俎上に横たわろうと思う。 右のような次第であ …
作品に特徴的な語句
すす くわ はじめて よからぬ かの つね まつり よみ した よし いえど おこ おも なんじ おさ しばし てうち また かちわた くだ みち とら やど とうと したし なんじたち すなわ よい わざ けい はなはだ さしお かさ いた かたくな すなわ おこな まね よく かた いた ささ よき ぜい いん しこ あるい あきらかに しから さと まさ とびめぐ つく あら うたが じんだて この よく ひと また おわ 大臣だいしん さあら あなど しょう ものい まさ ひま しから のっ とうと まこと あや はさ ぬす ひき ただ やまい おさ