“舎”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
やど21.0%
16.1%
11.3%
8.1%
しゃ8.1%
4.8%
へや3.2%
こや3.2%
いえ3.2%
いへ3.2%
とな3.2%
ゆる3.2%
うち1.6%
おい1.6%
おき1.6%
さしお1.6%
しや1.6%
シアトル1.6%
1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
曾能子刀自のに従へば、奈古屋につた此夜、妓を畏れて遁れ避けたものは、渋江抽斎、山田椿町、須川隆白の三人であつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
が、実際に文庫の編輯にかっていたのは楽屋小説の「紅子戯語」に現れる眉山、思案、紅葉、香夢楼緑、及び春亭九華の八名であった。
吾人皆望を君に属せり、而して君は吾人をてゝ去れり。予は文壇に於て最も多く君に攻撃せられたり、私交に於て最も多く君に親しまれたり。
北村透谷君 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
また曰く、「人の為すわざる所を為し、人の言う能わざる所を言うは、余をきてその人無きなり。これをきて余が事無きなり」
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
城外の野に、軍幕をつらねて、朝夕、ひょうひょうの寒風にはためかれている一の内に、宋江は今日しも、深い思案に沈んでいた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「何だな、吝臭え。途中ですようなら始めっから出ねえがいい。お前この節はいやにになったな。」とされると
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
その時はちょうど解脱仏母の小堂の横の石段に上って居りました。それからセラ大寺の大本堂の前を通って自分のに着きました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
なかなか由緒のある寺でしい事はここで申す必要はありませんから略しますがそこにある坊さんのについて宿りました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
そこには紅女や老婆が門口をぐように集まっていた。成の細君もそのへ入っていった。そこには密室があってを垂れ、簾の外に香几がかまえてあった。
促織 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
庚午、皇子大津を訳語田賜死らしむ。時に年廿四。妃皇女山辺徒跣にして、奔赴きてぬ。見る歔欷く。皇子大津は天渟中原瀛真人天皇(天武天皇)の第三なり。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
荊棘香花神前。次に各童手に木刀を隊閙有婚无子木刀を遍身打之口に荷花蘭蜜ふ。
王問うてその鐘に血を塗るため殺されにくを知り、これをせ、われその罪なくしてきながら死地に就くに忍びずと言う。
その人のに泊り込んで、私は此寺に仮入学をしたいがどういう手続にすればよいかと尋ねますと、いろいろ教えてくれました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
○そも/\我国の垂氷をいはんに、てまづ氷柱をいはん。
弁慶縞高柳郷にかぎれり。右いづれも魚沼の村々也。此ちゞみをす所二三ヶ村あれど、らにせざればしばらくてしるさず。縮は右村里の婦女らが雪中に手業也。
鼓瑟とだえ鏗爾としてきてち、対えて曰く、三子者に異なり。子曰く、何ぞまん、その志をいうなり。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
そが中にを築きて居れるは膠州の黄生とて、終日読みくらしたる。ある日のことなりき。
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
双輪船は夜に港を出航して、轟々たる音とともにはるかな太平洋に向かった。天のかなたは雲がとざし、すべてが広く果てしなく、帆柱の上を吹く風にはおのずから清涼の気がある。
西航日録 (新字新仮名) / 井上円了(著)
ノ知ラザル所ハ、人ソレテンヤ」である。
惜別 (新字新仮名) / 太宰治(著)