“香几”の読み方と例文
読み方割合
こうづくえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこには紅女や老婆が門口をぐように集まっていた。成の細君もそのへ入っていった。そこには密室があってを垂れ、簾の外に香几がかまえてあった。
促織 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
そして、両側の柱には四幅の絵をけて、その中間になった所にも何かの神の像をいた物を掛けてあった。神像の下には香几があって、それには古銅の香炉花瓶を乗せてあった。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
神像の下には香几があって、それには古銅の香炉と花瓶を乗せてあった。
雷峯塔物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)