“香花”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうげ47.6%
かうげ16.7%
こうはな14.3%
かうくわ4.8%
かうはな4.8%
つねにいのる4.8%
こうか2.4%
こうばな2.4%
はな2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その前には、竹の花立があったけれど、誰も香花手向けた様子は見えず、腐りかけた雨水がいっぱいに溜っているだけです。
大菩薩峠:15 慢心和尚の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
庭内の老菩提樹には神聖のとして香花を捧げ、又日本の奉納手拭の如き小切を枝に結び附けて冥福を祈る信者が断えない。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
和尚「無縁墓の掃除をして香花手向けるのは大功徳なもので、これを行ったら宜かろう」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
荊棘香花神前。次に各童手に木刀を隊閙有婚无子木刀を遍身打之口に荷花蘭蜜ふ。
平常は道理がよく了解る人では無いか、氣を靜めて考へ直して呉れ、植村の事は今更取かへされぬ事であるから、跡でも懇につて遣れば、お前が手づから香花でも手向れば
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
百樹案に、の風土記に荊棘を取り香花神前にといひしは、餅花神棚ずる事を聞て粥杖の事と混錯して記したるなるべし。りとすれば餅花も古き祝事なり。
糸染川神仙川合流するところで、熊蔵の一隊と一つになり、聖地のごとき百合香花みあらし、もうもうとしたをあげて、れいののかけまで殺到した。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼は先祖代々の墓に香花や水をたむけて、苔の蒸した石にむかって甥を殺す余儀ない事情を訴えて、その足ですぐに番町へ廻って来たのである。
箕輪心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
型の通りお墓の前に香花を捧げ、本堂に立寄られるまでは無事でございましたが、今度は本堂裏のお位牌堂にお参りしたいと仰しゃるのでございます。
蛇性の執念 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)