箕輪心中みのわしんじゅう
お米と十吉とは南向きの縁に仲よく肩をならべて、なんにも言わずに碧い空をうっとりと見あげていた。 天明五年正月の門松ももう取られて、武家では具足びらき、町家では蔵びらきという十一日もきのうと過ぎた。おととしの浅間山の噴火以来、世の中が何となく …
作品に特徴的な語句
はで ぎたな 香花こうばな じゅう くれ すげ しゅう がしら いじ あい かぶり あで はず うる けぶ 度々どど 盲目もうもく 三囲みめぐ 禿かむろ ぶし よね つく 武士ぶし がん 僥倖さいわい ぬい 暗示しらせ 花心しべ いだ 刺繍ぬい けん りき 落着らくぢゃく くら いそ 単衣ひとえもの いや 彼女かれ すそ なまめ こら 行燈あんどう 相成あいな 番頭ばんがしら ちょう わざわ から 無役むやく ひそ 満野みつの 湿 あわ べに だま 細紐しごき つか 曲事きょくじ あた 新造しんぞう はぎ はか 手籠てご 手下てか 菖蒲しょうぶ もが かわず さと やす よぎ 裲襠しかけ 富貴ふっき いえ 余裕ゆとり やか きん 口説くぜつ うらな 初心しょしん 凱歌かちどき 青銅からかね しず つら ゆる たま 一足いっそく 一々いちいち 三回なじみ かみ にお 颶風はやて 京間きょうま