“神前”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんぜん50.0%
かみさき10.0%
かみまえ10.0%
かむさき10.0%
みさき10.0%
みまえ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それをとするかとするか、自分のをでる、ただ一で、どんな兇刃がもののみで御岳神前の海としないかぎりもない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『播磨風土記』を見ると、神前郡大川内、同じく湯川の二処に、異俗人三十許口ありとあって、地名辞書にはこれも今日の寺前・長谷二村の辺に考定しています。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
筑波の歌垣のように、夜もすがらの神前で、かがりも焚かず、他の人妻と他の人夫が、闇の香を、まさぐり合う祭りに似た風習など、この豊田郡、相馬郡の辺りにも、広く行われていた。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また坂田の大俣の王が女、黒比賣に娶ひて、生みませる御子、神前の郎女、次に茨田の郎女、次に白坂活目子の郎女、次に小野の郎女、またの名は長目比賣四柱
ようやく頃日『皇大神宮参詣順路図会』をくと、二見浦の東神前の東北海中に七島あり阿波良岐島という、また毛无島とてまるで巌で草木なき島あり、合せて八島なる、『内宮年中行事記』に
この雨気、久しぶりの雨を地にもうぞ。正成はこれより建水分神前に、さっそく、お礼をのべに参る。——また郎党どもは、手分けして、郷々名主へ、同慶のよしを、触れ歩け。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)