“神棚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かみだな93.1%
かみたな6.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長造が席につくと、神棚にパッと灯明がついて、皆が「お芽出とうございます」「お父さん、お芽出とう」と、四方から声が懸った。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
母親はその金をさもそうに押しいただくまねをして、立って神棚えた。神棚には躑躅と山吹とが小さい花瓶に生けて上げられてあった。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
百樹案に、の風土記に荊棘を取り香花神前にといひしは、餅花神棚ずる事を聞て粥杖の事と混錯して記したるなるべし。りとすれば餅花も古き祝事なり。
百樹案に、の風土記に荊棘を取り香花神前にといひしは、餅花神棚ずる事を聞て粥杖の事と混錯して記したるなるべし。りとすれば餅花も古き祝事なり。