“賽銭”の読み方と例文
旧字:賽錢
読み方割合
さいせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「俺は今日浅草の観音様へ行ったのさ。思い切りお賽銭をあげて、半日拝んだ揚句、この縁談をうつもりで御神籤いた——」
庫裡の炉の周囲である。ここだけ畳を三畳ほどに、賽銭の箱が小さくって、花瓶に雪をった一束のの花が露を含んで清々しい。
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
というものは、あれはただお賽銭げて、拍手って、げてきさがるめに出来ている飾物ではないようでございます。