“賽銭”の読み方と例文
旧字:賽錢
読み方(ふりがな)割合
さいせん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“賽銭”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究18.2%
歴史 > 伝記 > 日本8.3%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 民間信仰・迷信[俗信]8.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
亀岡氏は、師匠生前ながの歳月を丹精して集められたもの故、自分はこれを神仏へのお賽銭さいせんに使用するつもりである。
親父の代までは人が碌々ろく/\交際もない程の貧しい身分で、その親父は現に村の鎮守の賽銭さいせんを盗んだ事があつて
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)