“神輿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みこし91.0%
しんよ4.5%
おみこし1.1%
こし1.1%
じんよ1.1%
ミコシ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこに神輿が渡御になる。それに従う村じゅうの家々の代表者はみんなを着て、ほどに大きな菅笠のようなものをかぶっていた。
田園雑感 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
一つものが間違えば、三井寺へも、攻めてゆくし、神輿をふって、御所へも強訴に出かけるというような乱暴な学僧のあつまりである。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
門内に渡り廊下の長い橋のある馬込さんという家があったが、そこの女中がお竹大日如来だったのだといって、大伝馬町の神輿祭礼の時、この井戸がよく飾りものに用いられたが
南ふく風静やかに、神輿の列遠く青みき。
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ややもすれば神輿を振り立てて暴れ出す延暦寺の山法師どもも、この頃はおとなしくの味噌汁をすすって経を読んでいるらしい。長巻のひかりも高足駄の音も都の人の夢を驚かさなかった。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
祭礼りものには、車をつけて牽くものと、肩に載せてくものとの二通りあるが、一般に高く聳やかして、皆神々の注視を惹かうとするが、中には神輿の形式を採り入れて
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)