“香道”の読み方と例文
読み方割合
こうどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いや道誉の客となるのは苦手だ。闘茶か、立花(生け花)か。やれ香道の、連歌のとくる。まずは兄上おひとりで」
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
雑俳楊弓香道から碁将棋まで、何一つ暗からぬ才人で、五年前先代から身上を譲られた時は、あの粋様では丸屋の大身代も三年とはつまいと言われたのを、不思議に減らしもせず
あんな乱世の中で、茶寄合(茶道の原始的な遊び事)から香道立花(華道の始まり)などの風流を興していた彼。
随筆 私本太平記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)