“鯨骨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げいこつ50.0%
くじらぼね16.7%
くぢらぼね16.7%
ほね16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鯨骨入りのコルセットのなかで見るもあわれにびながら、この七年、ベッドに縛りつけられ、天井をながめて暮らしている。
我が家の楽園 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
色は憂鬱な白さで、と云って不健康な感じではなく、身体鯨骨の様にしなやかで弾力に富み、と云ってアラビヤ馬みたいに勇壮なのではなく
孤島の鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ハァデンさんは、(讀者の御注意を願ひ度いが)家政婦でブロクルハースト氏そのまゝの心意氣、そのまゝの鯨骨と鐵との構成分子で出來てゐた。
……鯨骨入りの窮屈な胸衣をつけて、ジュウル・ヴェルヌの教訓小説を読んだり、お弥撒を受けに行ったりしていました。……でも、やっぱり駄目でした。……あたしは、フランス人ではない
キャラコさん:05 鴎 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)