孤島の鬼ことうのおに
私はまだ三十にもならぬに、濃い髪の毛が、一本も残らず真白になっている。この様な不思議な人間が外にあろうか。嘗て白頭宰相と云われた人にも劣らぬ見事な綿帽子が、若い私の頭上にかぶさっているのだ。私の身の上を知らぬ人は、私に会うと第一に私の頭に不 …
作品に特徴的な語句
やじ ざら えか たまわる くい つなが ひややか うつろ 此所ココ ぐら だめ さば いっ くちさき きっ かい かおり つやや わずらわ じじ きら 此間このあいだ かき いだ まぬが 笑顔わらい はじ いず 突立つきた たたかい ぼつ きっ やぶさか たぐ とど やはらか がち しん 片方かたっぽう きょく すご じつ ろく こころざ そなえ など ほれ こわ むな なつか むこう もとづ おこ こら 取交とりか かえっ 夜更よふか 大略たいりゃく ころが かず さだ におい こう ふせ ぜん つい 小卓テーブル はじ 平常へいぜい しまり 座主ざしゅ ひっ りっ こまか せん 鉄棒てつのぼう 思出おもいで かご あけ おろか けん 突出とっしゅつ くわだ あらわ うたぐ 撞木とまりぎ 白布はくふ さずか ただ 渡船とせん