“米櫃”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こめびつ97.6%
べいき2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二畳の部屋には、土釜や茶碗や、ボール箱の米櫃行李や、そうして小さい机が、まるで一生の私の負債のようにがんばっている。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
十数箇年に亘る此の間の私の米櫃仕事は、半分は父の意見に従い、半分は自分の審美判断に従った中途半端な、そういう原型物であった。
自作肖像漫談 (新字新仮名) / 高村光太郎(著)
余ヤ土陽僻陬ノ郷ニ生レ幼時早ク我父母ヲヒ後初メテ学ノ門ニ入リ好ンデ草木ノ事ヲ歳華ノ改マルヲ知ラズ其間斯学ノタメニハ我父祖ノ業ヲ廃シ我世襲ノ産ヲ傾ケ今ハ既ニ貧富地ヲ疇昔煖飽ハ亦レノ辺ニカ在ル蟋蟀鳴キテ妻子ハ其衣ノ薄キヲ訴ヘ米櫃乏ヲ告ゲテ釜中時ニ魚ヲ生ズ心情紛々ゾ俗塵ノ外ニ超然タルヲ