“米山”の読み方と例文
読み方割合
よねやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それを米山の薬師如来に上げると言っていたのも、同じくまた山から農作の神を迎え申す意味であったろうかと思う。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
右方は米山彌彦山、これもその頂は雲に隠れて、山裾を海中に伸している。愉快愉快。かかる壮大なる景がまたとあろうか。山をじ、峠を越えてここに十有余日。
我国頸城郡米山医王山米山寺は和同年中の創草なり。山のいたゞきに薬師堂あり、山中女人をず。此米山の腰を米山とて越後北海の駅路なり、此古跡多し。