本州横断 痛快徒歩旅行ほんしゅうおうだん つうかいとほりょこう
前号でお別れしてから横断旅行の一隊は、炎天に照り付けられ、豪雨に洗われて、その行を続けた。峠を越すこと四、人跡絶せる深山に分け入り、峡谷の巌頭を攀じてついた日本海沿岸に出た。詳しくは全編を読め。 いよいよ一行は四人と相なった。水戸以来総勢八 …
作品に特徴的な語句
とざ おと 可憐あわれ しょう そびえ はい したひも けい こう 太陽おてんとさま うる じじ あた かおり しっ にわか あた おと しん せい 村邑むらむら 胡瓜うり 入込はいりこ 頭上とうじょう いじ 行通こうつう すこ おとな いにし 雨脚うきゃく のど まいる つま 宿とま くず 夕陽せきよう 鼾声かんせい みな てら じじい あび 泥濘でいねい のこり ほと まなこ 立留たちど 老爺ろうや 聳立そばだ ふる ゆびさ 菖蒲しょうぶ かずら 蘚苔せんたい 虎髯こぜん やす 怪鳥かいちょう のち 請合うけあい 強請ゆす ろう 平地へいち すで 差支さしつか 工夫こうふ まわ おど いわ 山裾さんきょ へん 小径しょうけい しつ 追貝おいかい 孤屋こおく つれ おわ 円筒まるづつ くだ 顧見かえりみ うた 下瞰かかん いん なか あお 上野こうずけ 凛々りんりん