“米法山水”の読み方と例文
読み方割合
べいほうさんすい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょっと米法山水懐素くさい草書ぶすまをせる位の器用さを持ったのを資本に、旅から旅を先生顔で渡りあるく人物に教えられたからである。
観画談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)