“唐山水”の読み方と例文
読み方割合
とうさんすい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
胡弓でがどこかに聞え、楼畔の柳はふかく、門前ののかげには、客の乗馬がつないであった。すべてこれ、一唐山水の絵であった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)