“米俵”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こめだわら71.4%
こめだはら28.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“米俵”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.5%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
するとそれがじつはひとりでなく、ちいさなたにしが、米俵こめだわらのあいだにはさまってついてきて、俵のなかから人間のような声で、
たにしの出世 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
米俵こめだわらはいくらおこめしてもあとからあとからふえて、からになることがありませんでした。
田原藤太 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
おつぎはたもとをぶら/\させて危相あぶなさう米俵こめだはらりた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
おつぎは米俵こめだはらのぼつてそのうへひくつた竹籃たけかごとやのぞいたとき牝雞めんどりが一けたゝましくしてうしろならなかんだ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)