“米俵”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こめだわら71.4%
こめだはら28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちゃんは、っていって、どこからか米俵いたのをげてきました。ててあったとみえて、でぬれていました。
雪の降った日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
するとそれがじつはひとりでなく、ちいさなたにしが、米俵のあいだにはさまってついてきて、俵のなかから人間のような声で
たにしの出世 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
おつぎはばしてはを一つ/\につてれた。おつぎはをぶら/\させて危相米俵りた。其處にもは六つばかりあつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
なーる、にこやかでれてゐるなんぞは大黒天があります、それに深川福住町本宅悉皆米倉取囲てあり、米俵積揚るからですか。
七福神詣 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)