“袂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たもと99.2%
そで0.1%
たも0.1%
だもと0.1%
ふところ0.1%
ふり0.1%
もと0.1%
わか0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
裏藪の中に分け入ってむと、まだ、チチッとしか啼けないの子が、自分のの中からでも飛んだように、すぐ側から逃げて行く。
死んだ千鳥 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
楽浪比良山風けばする海人かへる見ゆ 〔巻九・一七一五〕 柿本人麿歌集
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
御自分はかくしへども、他所行着のおよりとりべりの手巾つけしたるくさ、散々といぢめていぢめて、いて、れからはしてかぬ
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
思慮にただしてみるもなく、右門もあわてて毒をんだ。ふたりは抱き合って、橋の崖のふちに立った。
柳生月影抄 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
喜いちゃんはから二十五銭出して私の前へ置きかけたが、私はそれに手を触れようともしなかった。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
眉山が予備門(今の高等学校)へ通う時分、その頃は制服がなかったので思い思いであったが、眉山は何時でも黄八丈のの長い羽織を着ていた。
その頃筋違見附、今の万世橋は、丸ノ内、日本橋から、上野へ、甲州街道への要路で、警戒の厳重なところであり、人出の多いところでもありました。
その日の午後、私達は碓井の麓でれを告げた。リュックサックも何もなしに、雨傘一本で山から山へと歩いてゆく、友達の身軽な姿を私は振り返って見送っていた。
独り旅 (新字新仮名) / 若杉鳥子(著)