柳生月影抄やぎゅうつきかげしょう
紺屋の干し場には、もう朝の薄陽が映している。 干瓢のように懸け並べた無数の白い布、花色の布、紅い模様のある布などが、裏町の裏から秋の空に、高々と揺れていた。 「そんな身装で、近所の人目につく。——お駒、もういい、家に這入っておれというに」 …
作品に特徴的な語句
ケガ おの 可憐しおら かたじけの もの ちが あか いら うしろ 所謂いわれ かお 仕合しあい 御詫ごじょう だもと とど りゅう いかめ しん おく 兄弟ふたり すぐ おめ はず いじ 舎弟おとと 剔抉ていけつ おびや さえ せな 罪人とがにん くく ぬの はず 銀釵ぎんさ 種々さまざま 武夫ますらお たい 鬱気うちき もと くわだ 犠牲にえ 春風しゅんぷう くち えつ やか 詰問なじ 言伝ことづ もと 此方こなた うれ 衆怨しゅうえん らん しお 大機だいき 大祖たいそ 橋袂はしだもと ほうむ あらた ゆる みが 窓縁まどぶち いま 一杯ひとつ 戸外おもて 微酔びすい 御書ごほん のち 白魚しらお なげう はじ 故郷くに 家系いえすじ ロク おのずか さかん まき いとぐち にな 溝染どぶぞめ