死んだ千鳥しんだちどり
裏藪の中に分け入って佇むと、まだ、チチッとしか啼けない鶯の子が、自分の袂の中からでも飛んだように、すぐ側から逃げて行く。 (おや、白い小猫?) と、見れば、それは七日も前に降った春の雪が、思いがけなく、双つの掌に乗るほど、日蔭に残っているの …
作品に特徴的な語句
わる ひとり 良人たく 交際づきあ もてあ ちが 後退あとず 平常ひごろ づめ 見得めみえ 冷笑わら かえ うら 行燈あかり とも 永劫とこしえ おり たしな 落札おと 種々さまざま 知己しりあい まなざし 犠牲にえ こが ふた 欝々くよくよ 木枯こが たん かか はず ざま おろか ぎょ うしろ 上洛のぼ ひび つら 零落おちぶ そそ ぎわ くだ 遊廓くるわ ぐう おく 退 りん ざい 贔屓びいき 貞操ていそう 老婆としより 紺屋こんや あて はなはだ かめ 狼狽うろた 犠牲いけにえ 流行はやり うれ つか 明日あした あが 抵当ていとう 所為しょい 戸外おもて 懸金かけきん 慥乎しっかり こわ 性来せいらい 思案じあん 心懸こころが 彼奴きゃつ かわ 名残なご 先程さきほど 嘲笑ちょうしょう つい