“たもと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
97.3%
1.5%
0.5%
衣袂0.3%
徘徊0.1%
0.1%
田本0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
晩春の黄昏だったと思う。半太夫は腕組みをし、棒のように立って空を見あげており、その脇でお雪が、で顔をって泣いていた。
あるは、時分下宿していたことのあるりました。にあった食堂は、もうそこになかった。
風はささやく (新字新仮名) / 小川未明(著)
するとそのを素早く掴んだ若旦那様は、お八代さんを又、ドッカリと畳の上に引据えまして、やはりギョロギョロと顔を見ておられたと思うと
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
紅蓮白蓮のゆかしく衣袂に裾に薫り来て、浮葉に露の玉ぎ立葉に風のける面白の夏の眺望は、赤蜻蛉菱藻り初霜向ふが岡の樹梢を染めてより全然と無くなつたれど
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
子供一人菓子も投げねば長き鼻をダラリブラリと象徘徊ほる
河馬 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
徘徊ほる象の細目諦觀の色ものうげに見ゆ
河馬 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
平次は由兵衛のを押えました。ここで何か言い出されては、何もかもいけなくなってしまいます。
さすがに母親は源のことが案じられて堪りません。海の口村の出はずれまで尋ねて参りますと、丁度源が鹿の湯の方から帰って来たところで、二人は橋ので行逢いました。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)