河馬かば
河馬の歌 うす紅くおほに開ける河馬の口にキャベツ落ち込み行方知らずも ぽつかりと水に浮きゐる河馬の顏郷愁も知らぬげに見ゆ この河馬にも機嫌・不機嫌ありといへばをかしけれどもなにか笑へず 赤黒きタンクの如く並びゐる河馬の牝牡われは知らずも 水 …
作品に特徴的な語句
あた しまら かへ ゐさらひ 皇帝みかど 衣裳きぬ 障碍ハードル こゞ 徘徊たもと すが 郷愁ノスタルヂア つぶ さか こは 娼婦たはれめ 山高ダービイ 幾多ここだく 徘徊たもとほ ゐのしゝ もり さう 跳躍とび あふ 容易やす もは てん いか もの なれ ゆあみ 雉子きぎし 二匹ふたつ なに 六宮リクキウ くち 孔雀とり 春風しゆんぷう したゝ 神杉かんすぎ まり ゐしき せん かけ 一匹ひとつ 何處いづこ はし おほ たる はじ ゆゑ 柵内さくうち をり 櫛梳くしけづ 此奴こやつ たゝ 無禮なめ をす ざま まなこ 矜恃ほこり ゐや 緋衣ひごろも 繰出くりいだ はね さいな 苦惱くるしみ 蒙塵もうぢん 許多ここだ 諦觀あきらめ さか かへ ひら つら もは 下の黄なる 何時いつ 何處どこ 僻目ひがめ 先端さき 八度やたび しぼ