“僻目”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひがめ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“僻目”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 仏教教理・仏教哲学100.0%
哲学 > 仏教 > 経典100.0%
自然科学 > 数学 > 数学12.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そこで、心を落着けて、よく見るの余裕を得て見ると、右の手に持っていた刀を、単に左に持ち替えたと見たのは僻目ひがめでした。
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
ちがやしません。貴方あなたにはたゞ左様さう見える丈です。左様さうえたつて仕方がないが、それは僻目ひがめだ」
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)