“諦觀”のいろいろな読み方と例文
新字:諦観
読み方割合
たいくわん50.0%
あきらめ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若し其の心を剪れば、火の氣は張つて來る、そして其の光は明らかになり、其の功は多くなる。一本の蝋燭にも一盞の燈火にも、諦觀すれば其の氣の張弛は有る。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
草木の花若くは葉を諦觀する時は、リンナウスならざるも今の何時に相當するやを知り得るほど、正確に且つ明白に、其の草木の一日の間の氣の張弛を知り得る。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
徘徊ほる象の細目諦觀の色ものうげに見ゆ
河馬 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)