“米屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こめや90.9%
よねや9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人呉服屋反物つてた。米屋からつてつた。けれども其他には一般社會めてない人間であつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
でもかまいませんから、にくださいませんか、ねずみがいてしようがないのです。」といって、とうとう米屋さんが、ふところにれてりました。
僕たちは愛するけれど (新字新仮名) / 小川未明(著)
りのさへざけられて、かしらつたのありさうなのを、玄竹がかりにひつゝ、かぬ無理からけて、天王寺屋米屋
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)