“席”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せき71.3%
むしろ20.0%
シイト2.5%
たたみ1.3%
しきもの1.3%
たゝみ1.3%
シート1.3%
ムシロ1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くほつとしたもちになつて、卷煙草をつけながら、をあげて、してゐた小娘を一した。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
下谷團子坂出店なり。屋根て、きてず。時々夕立蕎麥はる、とおまけをはねば不思議にならず。
神楽坂七不思議 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
く、がらあきのであるから、へもかず、つた——れないしるしには、真新いのがすぼらしいバスケツトのに、——おさん衣絵
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
母親と聞いて文三のれ返るを見て、お政は好い道具を視付けたという顔付、長羅宇烟管くをキッカケに
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
一 下部あまた召使ともの事自から辛労を忍て勤ること女の作法也。舅姑の為に衣を縫ひ食を調へ、夫に仕て衣を畳みを掃き、子を育てを洗ひ、常に家の内に居てに外へべからず。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
勝手の方へ立いで見れば家内の男女狂気のごとくまはりて、家財を水にさじと手当しだいに取退る。水はに随てのごとくおしきたり、る。
鯨のを利用する事の出来る賭博打は飛行機のも利用する事を知つてゐる筈だ。孰方も危険がつてゐるだけに、興味は一段と深からう。
縛壁 釈名云、縛壁 縛著於壁也、漢語抄云、防壁(多都古毛)
春雪の出羽路の三日 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)