“たたみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
98.1%
1.0%
1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
卜斎鉄拳をくったせつなに、仮面は二つにられてしまった。そして二つに割られた仮面が、の上に片目をあけて嘲笑っている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
母親と聞いて文三のれ返るを見て、お政は好い道具を視付けたという顔付、長羅宇烟管くをキッカケに
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ト唇を反らしていうを聞くやや、お政はち顔色を変えて手に持ッていた長羅宇烟管へ放り付け
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
二十にも巨大建物は、るから毒々しい栗色のペンキでられ、は岩鐵格子でもまぬとえて、内側にはい、鐵製張詰めてある。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)