“卜斎”の読み方と例文
読み方割合
ぼくさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見ると、そこが卜斎細工小屋か、東のすみにぽッと明るいがみえて、トンカン、トンカン、鉄敷のひびきがしている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
卜斎は、つれてきた半助などには目もくれず、頭からこのけ者の抜け作などとどなりつけて、さんざん油をしぼったあげく
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「まかりでました者は、富士の裾野の住人かけ卜斎の弟子鏃師蛾次郎と申す者、ご主人半助さまに、至急お目にかかりとうぞんじます」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)