“せき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:セキ
語句割合
34.1%
14.2%
12.3%
9.8%
6.3%
4.1%
3.7%
咳嗽2.7%
2.1%
1.8%
1.7%
1.0%
1.0%
0.7%
0.6%
0.3%
咳声0.3%
0.3%
0.1%
寄席0.1%
焦心0.1%
ヶ関0.1%
0.1%
0.1%
咳漱0.1%
0.1%
国籍0.1%
堰切0.1%
席亭0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
空席0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
観桜席0.1%
謦欬0.1%
0.1%
責任0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
源氏は内心に喜びながら宮のお居間を辞して出ようとすると、また一人の老人らしいをしながら御簾ぎわに寄って来る人があった。
源氏物語:20 朝顔 (新字新仮名) / 紫式部(著)
御所へ水を入れるところのの蔭から、物をも言わずり出でた三人の男がある。大業物を手にして、身体も真黒で包んでいた。
こういう有様であるから、とても普通の小供のように一通りの職業を習得するは思いも寄らず、糊口をすることがでありました。
彼等は風のやうな拍手を浴せ、として私の発声を待つた。——なるほど、慣れたらこれに限るだらう——不図私は、そう思つた。
歌へる日まで (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
ほうぼうからうらやましがるようなこった。小泉は、うれしそうに、またすまなさそうに、自分へもどったのであります。
生きぬく力 (新字新仮名) / 小川未明(著)
婦人は間もなく健康になって、かの一土産に都に帰られた。逗子の秋は寂しくなる。話の印象はいつまでも消えない。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
崩れた石垣の上から覗くと、そこにはを掛けた船が一、人が居るとも見えず、上げ潮に揺られて、ユラユラと岸をっております。
うめきとも笑いとも咳嗽ともわからぬ声を発したかと思うと、彼は突然その唇を紫色に変え、がくりとして看護婦の腕にもたれかかった。
肉腫 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
風呂敷包のなかから南蛮鍜えの鎖帷子筋金の入りたる鉢巻をして、藤四郎吉光の一刀に兼元無銘摺り上げの差添を差し、合口を一本呑んで
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
学校の先生にはない。しかし、先生でなくてもいいわけだ。いや、先生でない方が却っていいんだよ。一つの学校に
次郎物語:04 第四部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
周延が描いた千代田の大奥と云う三枚続きの絵にあるような築山、雪見燈籠、瀬戸物の鶴、洗いなどがお誂い向きに配置されて
少年 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
その他哥舒翰がその馬将軍の背に朝章を加え、宋徽宗がその馬に竜驤将軍を賜うたなど支那にすこぶる例多いが
を垂れたる六層の觀棚も、あまりに大いにして客常に少ければ、却りて我をして一種の寂寥と沈鬱とを覺えしめき。
「まあ姐さん、なさんな。着ける所は眼の先だ。がその前にご相談、厭でもいて貰わなけりゃあならねえ」
銅銭会事変 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
 幕府の三布衣、国を憂ふることをゆるさず。その是非、われつて弁争せざるなり。
留魂録 (新字旧仮名) / 吉田松陰(著)
私は小説をかくときは一番ぴったりしたテーマでしかかけないようで、そのために妙に自分で自分の足の先にせきをつくりつつ進行するような意識のがあって、これはフロイド的現象なのね。
真っ黒な煙を、天飇から、たたきつけてくる。十八公麿は、車の中で、しきりと、咳声をして苦しがっていた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
漢の初期の夫人が呂后まれたようなことまではなくても、必ず世間の嘲笑を負わねばならぬ人に自分はなるに違いないと中宮はお思いになるのである。
源氏物語:10 榊 (新字新仮名) / 紫式部(著)
昨日はを買った。は未だ止まぬ。家を変えねばならぬ。東京へ帰ろう。小説「裸婦」にかかるだろう。暫くは又浄書だ、ばかなことだ。末子を嫁に貰おう。
土堤の方まで歩いた、秋日和であったが強い北風が吹いていた。今は夜である、風は未だ吹き続いている。「彼」にステエトメントをしようと思う。はどうやら止ったらしい。
今日より怪談のお話を申上げまするが、怪談ばなしと申すは近来大きにりまして、余り寄席で致す者もございません、と申すものは、幽霊と云うものは無い
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
一席申上げます、久しく休み居りました累ヶ淵のお話は、昨冬より咽喉加答児でさっぱり音声が出ませんから、寄席を休む様な訳で、なれども此の程は大分咽喉加答児の方はうございますが
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
新九郎は焦心だした。来国俊の刀も折れろ、後藤祐乗も割れろとばかり、むッと渾力を柄にあつめて最後の一押し。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
自斎は二度までも、焦心こむ新九郎の出足をいて
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
長門赤間ヶ関、播州の室津などはそれである。ことに室津は都近い船着きであったから、遊里の体裁をなすまでに繁昌したものと見えます。
石器時代遺跡よりは鹿にて作りたる噐具も出づ。魚骨器のに畫きたるは其一例にして、發見地は相模三浦郡久比利貝塚なり。大魚るに在りしか有らん
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
天孫降下の間先駆者還ってさく、一神あり天の八衢におり、その鼻長さ七、背長さ七尺余(まさに七と言うべし)、かつ口尻明耀、眼八咫の鏡のごとくにして赩然、赤酸醤に似たりとありて
月の始めに感冒にわされて浦安の石井と云う医院へ入院した。今は全快している、が少し出る。今夜は早く寝る。是からは早く寝て早く起きるだろう。
ジョジアス・カーク——国籍合衆国だが有名なコンゴ荒し——禁獣を狩っては各地へ売る、白領コンゴのお尋ねものの一人だ。
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
町役人どもは声をからしてり制しながら、わづかに娘の左右だけを鉄棒で堰切つてゐたが、その鉄棒のもうづ巻いて寄せる人波に破られて、心ない見物人は娘の肩に触れ
梟娘の話 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
桜の花と呼ばれた娘義太夫の竹本綾之助や、藤の花の越子や、桃の花の小土佐が乗っている人力車の、車輪や泥除けに取りついたり、後押をしたりして、懸持ちの席亭から席亭へと、御神輿のように
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
邪をぎ、淫をし、を棄て、真を求むるは、教の大本なり。
教門論疑問 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)
滝つのようにくだけ落ちて行った。
愛欲生活に充たされていた元始の人間はおのずからに催情的の芳香を、呼吸の中に持っていたと、学エロイスが説いている。その芳香を夜の間だけ、満知姫も持っていたのであろう。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そろそろデザートを運ぼうとしている頃になって、二人連れの支那人が静かに入って来て、私の隣りの空席へ坐った。よほど身分のある人だろうということは、その服装からでも一と目で知れる。
妖影 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
礼がおわると席についた。そこには饗宴のが設けてあった。殿上の扁額を見ると桂府としてあった。竇は恐縮してしまって何もいうことができなかった。王はいった。
蓮花公主 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
しかし『尹文子』に周人鼠のいまだ(乾肉)とされないものをというとあるそうだから考えると、『徒然草』に名高い鰹同前、最初食用され、中頃排斥され、その後また食わるるに及んだものか。
彼らが設けのに坐るとすぐ、二人の番卒につれられて弥之助が出て来た。初めにみつけたのはげん女で、いきなり「弥之助」と叫びながらはね起きた。
蜆谷 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
小袖幕で囲い設けた立派な観桜席が出来ていて、赤毛氈に重詰の数々、華やかな、蒔絵の曲禄、酒を燗する場所もあり、女中若侍美々しく装い、お待ち受けして居た所から
善悪両面鼠小僧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
力の無い謦欬の声が奥の方で聞えた。急にお志保は耳を澄して心配さうに聞いて居たが、て一寸会釈して奥の方へ行つた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
第五十五条 国務大臣ハ天皇ヲ輔弼
大日本帝国憲法 (旧字旧仮名) / 日本国(著)
小學校校長をしてゐた彼女は、一年間んで、そして二人子供手許したまゝんでいつた。つたものは彼女責任と、かなへとだけであつた。
(旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
にそを棄て去りしといふ、そのを逸するのあるものから、かくはことわりおくのみ。
都喜姫 (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
まめのため踏みつけるたびに痛い足にひやひやして小石路を歩いたり、一つの地区から次の地区へ移るのに意外に暇どって、身体も疲れるが気力も疲れた。
長崎の鐘 (新字新仮名) / 永井隆(著)
上へ返して押たる者と相見え爪印がに成て居るはコリヤ如何の譯なりやと云ければ九助はハツトばかりにて一言の返答もなく只落涙俯向て居たるにぞ理左衞門は迫込でコリヤ何ぢや御重役方よりの御不なるぞれ何心なく押たのか痛所にても有てに押たるやコリヤ何ぢや/\と立れど九助は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)