“兼元”の読み方と例文
読み方割合
かねもと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
風呂敷包のなかから南蛮鍜えの鎖帷子筋金の入りたる鉢巻をして、藤四郎吉光の一刀に兼元無銘摺り上げの差添を差し、合口を一本呑んで
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「嘉三郎さん! それはいつかの兼元じゃねえかねえ?」
栗の花の咲くころ (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
六と号した兼元も、この和泉の一家であった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)