“右:せき” の例文
“右:せき”を含む作品の著者(上位)作品数
坪井正五郎1
“右:せき”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
魚骨器のせきに畫きたるは其一例そのいちれいにして、發見地はつけんちは相模三浦郡久比利くびり貝塚なり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)