“宗右衛門町”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そううえもんちょう50.0%
そえもんちょう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宗右衛門町そううえもんちょうや心斎橋筋のつい裏通りですのんに、わりに人通りのない暗い横丁なんでして、芸者のやかたやの、小料理屋やの、宿屋やのが多いのんですが
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
集る処のものは多く、宗右衛門町そえもんちょうあたりの芸妓の子、役者の子、仲居の子、商人の子らだった。決して、華族様や政治家や学者の子はいなかった。
めでたき風景 (新字新仮名) / 小出楢重(著)