“御左右”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おそう33.3%
おんさう33.3%
ごさう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御左右”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
図書 はっ、夜陰と申し、再度御左右おそうを騒がせ、まことに恐入りました。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「此余申上べき事なし。大田之御病人様いかが。御左右おんさう承度候。恐惶謹言。春社。菅太中晋帥。伊沢辭安様。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「なに、今になって退くような奴らは、皆大学様の御左右ごさうをうかがって、万一お家お取立てになった場合、真先にお見出しにあずかろうという了簡りょうけんから、心にもない義盟に加わってきたのだ。そんな奴らが何人いたって、まさかの時のお役に立つものでない。仇討は吾々だけで十分遣ってみせるよ」と言った。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)