“右左”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みぎひだり75.0%
みぎひだ16.7%
とこう8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“右左”を含む作品のジャンル比率
文学 > その他の諸文学 > ギリシア文学20.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
差懸さしかゝつたのは大手道おほてみちで、垂々下だら/\おりの右左みぎひだりは、なかうもれたほりである。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
右左みぎひだりにしてつな引張ひつぱつたが、あしからをつけたごとくにぬつくとつててびくともせぬ。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
えがけども成らず、描けども成らず」と丸き男は調子をとりて軽く銀椀ぎんわんたたく。葛餅をたる蟻はこの響きに度を失して菓子椀の中を右左みぎひだりへけ廻る。
一夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
菜種なたねにまじる茅家かややのあなたに、白波と、松吹風まつふくかぜ右左みぎひだり、其処そこに旗のような薄霞うすがすみに、しっとりとくれないさまに桃の花をいろどった、そのむねより、高いのは一つもない。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
余は聊かながら直接に余の父から伝えられた余の財産が有るから、縦しや遺言を書き替えられても別に苦痛とは思わぬが、茲で其の旨を云うのは却って叔父の気に障るか知らんなど、取つ置いつ思案して右左とこうの挨拶も口には出ぬ。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)