“左顧右眄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さこうべん85.7%
さこゆうへん7.1%
さこゆうべん7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伯父の一つの道への盲信を憐れむ(あるいは羨む)ことは、同時に自らの左顧右眄的な生き方を表白することになるではないか。
斗南先生 (新字新仮名) / 中島敦(著)
今からって考えて見れば、ゆうべは頭が鈍くなっていたので、左顧右眄することが少く、種々な思慮に掣肘せられずに、却って早くあんな決心に到着したかともせられるのである。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
男のように左顧右眄しないで、œillères を装われた馬のように、向うばかり見て猛進するものである。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)