斗南先生となんせんせい
雲海蒼茫佐渡ノ洲 郎ヲ思ウテ一日三秋ノ愁 四十九里風波悪シ 渡ラント欲スレド妾ガ身自由ナラズ ははあ、来いとゆたとて行かりょか佐渡へだな、と思った。題を見ると、戯翻竹枝とある。 それは彼の伯父の詩文集であった。伯父は一昨年(昭和五年)の夏死 …
作品に特徴的な語句
とどま ゆる 心遣こころづかい あた 洒然せんぜん 微笑わら さかまた そなえ こら 宛然えんぜん おのれ うしろ くう しこう こう つつ なか 主婦かみ あらかじ すべ すなわ いと しわが かばね すで 彷徨ほうこう また 心構こころがまえ こら 支那シナ おおむ 気羞きはずか かわ つむ 穿うが あた 落著おちつき けだ 言出いいだ 上梓じょうし 不可いけ あずか うち これ 人好ひとよ 他人ひと 何処どこ 何時いつ 倒屣とうし 傷々いたいた 先刻さっき 其処そこ 内儀かみ まる もた くぼ 功徳くどく なか すなわ 厭味いやみ 反故ほご 吃驚びっくり つぶや うめ 呼棄よびすて 咽喉のど わら 嘖々さくさく 執拗しつよう 塗炭とたん ふさ 大人おとな 如何いか あだ 寓居ぐうきょ 小言こごと 就中なかんずく 工合ぐあい おの とこ 彷彿ほうふつ いたず 従姉いとこ 従容しょうよう