“涸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
86.6%
かわ7.7%
かれ1.9%
から1.4%
0.5%
かは0.5%
0.5%
0.5%
アサ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(ロ)水源涵養。 森林はかように雨量調節することが出來ると同時一方では水源ひとなり、河水れるのをぎます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
朝、胃痛ひどく、阿片丁幾服用。ために、咽喉き、手足のれるような感じがりにする。部分的錯乱と、全体的痴呆。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)
すぎる」と一語かにし得たばかり。妻は涙の泉もたかだ自分の顔を見て血の気のないをわなわなとわしている。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
今朝アタリハ空気ガ乾燥シ、老人ノガカラ/\ニ干ビ、風邪ヒキ加減ニナッテイルセイデ、呼吸ガ喉ヲ入ッタリ出タリスル度毎ニピイピイト云ウ音ヲ発スル。
瘋癲老人日記 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
近くの百姓の子や侍長屋の子らも交じって、まッ裸な童の群れが、れな渓流に、水を見つけて、ぴちぴち遊び跳ねているのをくと、彼の鬱気も、いっぺんに飛んでいた。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
雲雀は食べ物はおろか水一滴なくて、今にも喉がいて死にさうになつてゐたのでした。
雛菊と雲雀と少年の話 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
まるで胸の中もあがってしまいました、あれの小さい着物を見ては泣き、シャツや靴を見ては泣くのでございます。
海を渡って少眠む内、諸竜にその珠を盗まれしが、眼覚めて、珠をさずばついに空しく帰らじと決心し、一の亀甲をって海水を汲みさんとした。
このみは、わがみならず。の神、常世にいます、立たす少名御神の、神壽ぎ狂ほし、豐壽ぎ壽ぎ𢌞し、り來しみぞ。せ。ささ(仲哀記)