“森林”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんりん76.9%
もり15.4%
はやし7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(ロ)水源涵養。 森林はかように雨量調節することが出來ると同時一方では水源ひとなり、河水れるのをぎます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
丁度此時一度逃去つたる猛獸は、其處此處森林からはれてたが、つる/\と空中に、つて吾等姿て、一種異樣咆哮した。に、吾等五人安全に、輕氣球した。
四方カラリと吹き払われ空の蒼さや雲の徂徠まで自由に見られた。灌木帯と違い、森林の中は暗かった。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)