“はやし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハヤシ
語句割合
53.4%
囃子32.8%
11.3%
0.4%
早矢仕0.4%
松林0.4%
森林0.4%
0.4%
音楽0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
図書頭をはじめとして諸儒者列席の前に一人ずつ呼び出され、一間半もある大きい唐机の前に坐って素読の試験を受けるのである。
半七捕物帳:11 朝顔屋敷 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
錦絵から飛んで出たような囃子の子たちの百羽の銀鳩が一斉に鳴くように自由に生きいきと声をそろえた ほう いや のかけ声
小品四つ (新字新仮名) / 中勘助(著)
芝居はもういているのだ。わたしは遠音を聞いて、「今頃は友達が舞台の下で、豆乳を買って食べてるな」と想った。
村芝居 (新字新仮名) / 魯迅(著)
此の時小早川隆景進言して言うのに、父の毛利元就が往年尼子義久と対陣した際、小歌、踊り、能、をやって長陣を張り、敵を退屈させて勝つことが出来たと言った。
小田原陣 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
明治五年五月朔日、社友早矢仕氏とともに京都にいたり、名所旧跡はもとよりこれをうにあらず、博覧会の見物ももと余輩上京の趣意にあらず、まず府下の学校を一覧せんとて
京都学校の記 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
殊に『松林は眠り、谷はね』というあたりは、ほんとにありありと谷が眠っているように感じられ、思わず『謹聴!』と声がかかる
四方カラリと吹き払われ空の蒼さや雲の徂徠まで自由に見られた。灌木帯と違い、森林の中は暗かった。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
昭和二十一年八月十九日に来訪せられた伊藤君から、いろいろ話の中で右のセンジュガンピの名の由来をきいてたちまち我が蒙の扉が啓らきくれ、あたかも珠を沙中に拾ったように喜んだ
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
彼はこうして何のためか、何の音楽をかなでるつもりか、夏のひと夜をれたり消えたりしているのだった。哀れといえばいとも哀れ、やかであるといえば、さわに賑やかだった。
津の国人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)